FANDOM


< sora | sora script

STAGE.PR

Original script

Instruction "How to play"

ΩTH localization

Training simulator

 

■story■
戦争をする体になったソラ 彼女は 力の使い方を知る為に訓練を受け

story

Primed for battle. Sora learns how to use her arsenal and skills during a training simulation.

 

Operator

「それでは  空戦トレーニングプログラムを  開始いたします」 「ソラ  準備は出来ていますか?」

We will now commence your training program.

Are you ready, Sora?

Sora

「はい」

Yes.

Operator

「緊張 していませんか?」

Do you feel nervous at all?

Sora

「平気です」

No, I’m fine.

Operator

「そうですか 私は緊張しています」

Is that so? Well, I’m a bit nervous to work as your instructor.

Sora

「え?」

Why is that?

Operator

「こういう仕事 初めてなんですよ」 「硬い喋りとかも苦手なもので

Because you’re my first student.

And because I don’t think this occupation suits me well.

Sora

「えーと大丈夫です  実際にトレーニングするのは僕ですから  力を抜いて 頑張って

Given I’m the one here to do training, I think you ought to be more worried that I learn what I’m supposed to.

Operator

そう? 普通に喋っていい?」

Yes... I suppose you’ right.

Now where should I begin?

Sora

あ えと 「はい」

How about we start with my first training module?

Operator

「ホント? やった!  普通に喋っていいんなら  なんとか頑張れそだよ私!」 「あ 不安がらないでね!  私こんなんだけど 実戦経験の方は  バッチリだかんね!」

That will work.

I know you may feel uneasy with me as your instructor, but my experience on the battlefield is unmatched.

Sora

「あはい」

Alright. Then let’s see what you can teach me today.

Sham

「と 言う訳で  今回オペレーター務めちゃうシャムです」

Before we get started, however, let me introduce myself. I am called Siri.

Sora

「ソラです」

I’m Sora.

Sham

「はいはい 知ってますよー  ソラちゃんね」 「んじゃ 前置き長くなっちゃったけどさ  訓練の方 始めちゃうぜ!」

Yes. I actually know very well who you are.

Anyway, enough chitchat. It’s time to start your training.

Sora

「はい」

Sounds good.

Sham

「んでは 早速プログラムその1!  「ダッシュ」について!」 「私たちには 普通に動くのとは別に  「ダッシュ」という移動方法があります」 「「ダッシュ」はその名前の通り突進移動のこと  攻撃をよけたり  攻撃をしやすい位置取りをする際に使用します」 「操作方法は  移動したい方に方向キーを押しながらダッシュボタン(以下D)を押すだけ!」 「後は Dを押しっぱなしのままで  ダッシュ状態を維持できます  その状態で任意の方向キーを押す事で  曲がったりできるよ」
「ダッシュ中に 任意の方向キーを押しながら  もう一回Dを押す事で  カクっと方向転換する事もできるからね」 「じゃ とりあえずダッシュしてみようか」

Okay then. Let’s begin!

We’ll start with Module 1 – the dash!

As airborne reploids, the skies are our home, but there are times when we need to move quickly and agilely.

In those instances, the dash is employed. It is generally used to avoid attacks or to gain an advantageous attack position. The maneuver itself can be accomplished by pressing the dash button while holding any of the directional keys.

While dashing, the ability to curve your trajectory mid-air is also possible by using the directional keys.

Trajectory direction can also be instantly altered by pressing directional key and the dash button while dashing.

Now go ahead and give it a try.

Sham

OK! なかなか上手いね!」 「ところで  ダッシュ中に画面左上のゲージの下にある  パーセンテージが増えてったの分かる?」 「アレはヒート値」 「ダッシュを続けたり 緊急方向転換したり  あとは一部の武器を使った時とかに  上昇するんだけど」 「この値が大きければ大きい程  攻撃を受けた時のダメージ値が  上昇するから気をつけてね」

Okay! It looks like you’ve got the hang of it!

By the way, did you notice the gauge percentage increasing in the upper left corner of the screen while you were dashing?

That’s called the “heat gauge”.

It rises when the dash or certain weapons are used.

The higher the percentage, the higher the damage you will incur if attacked. You must be conscious of it at all times.

Sora

「はい」

Understood.

Sham

「で 実際動いてみて  こんなスピード制御できねーよ!  こんなスピードで攻撃なんか避けらんないよ!  とか思ったでしょ?」 「えーと 「あれ? そうでも無かったかな?」 「ま それは置いておいて」 「ちょっと扱いづらいダッシュだけど  実は攻撃を避ける際にすっごく役立つんだよ」 「何故かと言うと  ダッシュ最大の特徴!」 「敵のビーム系攻撃をすり抜けられる!」 「ってのがあるからなんだよね!」
「視界いっぱいに広がるビーム弾幕」 「そんな時も ダッシュをし続けていれば  傷を負わずにやり過ごせちゃうよ!」 「ただ ミサイルみたいな実弾っぽい攻撃は  ダッシュでもすり抜けられないから  気をつけて!」 「あと さっきも言ったけど  ダッシュ中はヒート値が上がり続けるし」 「ダッシュ中にビーム系攻撃に接触した際には  ダメージを受けない代わりに  一気にヒート値が上昇するからね」 「ダッシュでビームを避けたはいいけど  そのままミサイルに当たって大ダメージ!  ってのはよくある話」 「戦場では 一瞬の油断が命取り」 「この辺は本当に重要だから  きっちり練習してね」

I’m sure you also noticed it’s difficult to control your directional movement while dashing, correct?

Well, let me explain its function further to you.

While the dash may seem difficult to use for some, it’s extremely useful for avoiding attacks.

“How so?” you may be wondering. It’s really quite simple.

It allows you to slip by any beam attacks unscathed!

Pretty amazing, huh?

So when it seems like there’s no way out and beam shots have covered most of the screen,

use the dash to avoid taking damage until it clears up.

Be sure to note that physical projectiles such as bullets and missles [sic] cannot be avoided in this way.

Now as I stated before, using the dash increases your heat gauge.

So while it’s possible to avoid taking damage from beam attacks,

being hit by a missile with an increased heat gauge will cause you to incur major damage.

One wrong move like that on the battlefield could cost you your life if you’re not careful.

Therefore, I highly encourage you to master its use.

Sora

「はい」

Understood.

Sham

「じゃあ 実際にやってみよう!  ビーム系攻撃をダッシュですり抜けてみたり  ミサイルが来たら 当たらないように  ダッシュや通常移動で避けてみてね」

Alright then, give it a go! Slip through the beam attacks and avoid the missles [sic] using the dash or your normal movement!

Sham

「おお やるねー」 「ソラってやっぱ優秀なんだね  話は聞いてたけどさ」

Nicely done.

I guess all those stories about you being an elite reploid were true after all.

Sora

「ありがとうございます」

Probably more exaggerated than anything else…

Sham

「照れちゃってー  可愛いね!」 んじゃ次行くよ!」 「ソラ 画面左上の丸いゲージが  ちょこっとチャージされているのに気付いた?」

There’s no need to be modest.

At any rate, on to our next training module!

Sora. Did you notice that round gauge in the upper left corner of the screen earlier?

Sora

あ」

Yes, but I’m not familiar with its use.

Sham

「これはね ハイパーゲージって言って」 「このゲージが一本以上チャージされていると  強力な「ハイパーアタック(以下ハイパー)」  が使えるよ」 「ハイパーゲージは  ダッシュの時に出る「リング」に  敵の攻撃をくぐらせるか」 「敵にダメージを与えることによって  チャージできるの」 「だから 今ちょこっとチャージされている分は  さっきのダッシュの練習の時に チャージされたんだね」 「ちなみに ハイパーゲージは
 ハイパー3回分までストックできるよ」 「んでんで  お待ちかねのハイパーについて説明しちゃうよ」 「ハイパーの操作方法にはね 「「武器ボタンを押しながら  ハイパーボタン(STANDARD)」か 「「ハイパーボタンを押した後 バリア展開中に  武器ボタン(ADVANCED)」  の二種類があるんだよ」 「それぞれの操作方法は  コンフィグで切り替えられるから  好きな方を選んでね」 「後で詳しく説明するけど  ソラは3つまで武器を装備できるから  それぞれの武器とハイパーボタンを  組み合わせる事で 色んなハイパーが使えるよ」 「強力な攻撃力と  発動と同時に展開されるバリア  これがハイパーの大きな特徴だね」 「バリアーは敵の攻撃を完全に  無効化できるから  場合によっては緊急回避的な使い方もできるよ」 「ちなみに バリアは他に  敵の攻撃に被弾した時にも発生するの」 「ダメージを受けた時のバリアは  ハイパーとは色が違ったり  発生時間が短かったり  ちょっとした違いがあるよ」 「んじゃー  実際にやってもらうよー!」 「とりあえず ハイパー一回分のゲージを  チャージしてみよう!」 「チャージしてみて分かったと思うけど  ハイパーゲージは割と簡単に  チャージできるから」 「危なくなったら即ハイパー!  これが生き延びるコツだよ!」 「で 次はハイパーを実際に  と行きたいトコだけど」 「後にした方が都合が良いんで 先に武器について説明するね」 「武器については 大きく分けて  ビーム系 実弾系 特殊系の  3つのカテゴリーがあるんだよー」 「ビーム系武器は  攻撃力が敵の耐久値を上回った場合  その敵を貫通します」 「例えば  耐久値の低い実弾なんかを壊しつつ  その先にいる敵本体に  ダメージを与えたりもできるよ」 「ダッシュで避けられない実弾は  壊して道を切り開け!」 「実弾系武器には耐久値があって  一定以上の攻撃を受けると壊されるけれど 「その分威力が高かったり 敵を追尾したり  ビーム系武器にない特徴があるよ」 「特殊系武器は
 その武器によって特徴が大きく変わるんで  武器説明画面を見るといいよ!」

It’s called the “hyper gauge”.

With a single charge stocked, you can unleash what is called a “hyper attack”.

The hyper gauge can be charged by either funneling enemy attacks through the rings that appear when using the dash,

or by dealing damage to enemies.

And as you can see from your last training module, you have managed to charge the hyper gauge somewhat.

The hyper gauge itself can be stocked to a maximum of 3.

Now it's time to get into how to actually unleash a hyper attack.

There are 2 basic ways to do this.

The standard method is to press the hyper button while firing a weapon.

The advanced method is after pressing the hyper button do deploy a protective barrier, to fire a weapon.

Button settings and such can be changed in the configuration menu to make these commands more accessible if you desire.

I will explain in detail later, but 3 weapons can be equipped at a time – each which have their own hyper attack.

There is a benefit to using hyper attacks to dispatch with enemies aside from their sheer strength.

The protective barrier that is deployed completely nullifies enemy attacks and can be used to avoid taking damage.

In addition, another type of barrier is generated whenever you take damage.

The color of this barrier is different, however, and lasts for a much shorter period of time.

Alright, how about you give it a go?

First, charge the hyper gauge until you have 1 stock.

I’m sure you’ve noticed it’s quite simple to charge the hyper gauge, right?

So if you find yourself in a bad situation, don’t hesitate to use a hyper attack. It could very well save your life.

Anyway, now that you’ve got a charge stocked, let’s get to using it.

Regarding weapons, as I said I would explain later, this is where it be becomes important.

Weapons are divided into 3 classes – beam, ammo and special.

Beam-class weapons are very effective on enemies that have high levels of defense.

They are also useful for destroying weak projectiles such a as missiles.

In short, for projectiles that can’t be avoided using the dash – destroy them.

Ammo-class weapons, on the other hand, shoot projectiles that can be destroyed.

Yet, they can be more powerful and have characteristics like the ability to heat-seek that beam-class weapons do not.

Special-class weapons vary in numerous ways, so it’s best that you study the details regarding them yourself.

 

Sora

Sham

「はい 説明が面倒なんです。  ごめんなさいっ」 「で さっき軽く触れたけど  ソラは同時に3つの武器を持てるの」 「それぞれの武器は  武器Main(以下Main  武器Sub(以下Sub  武器Special(以下SP)の」 「各ボタンで使い分ける事ができるよ!」 「ちなみに 現在の武装は  Main:ビームライフルM(ビーム系)  Sub:バズーカ(実弾系)  SP:ソード(特殊系) だね」 「んでね SPは特殊武器用のボタンなので  SPにライフルやバズーカを  装備する事はできないし」 「逆にMainSub  ソードを装備したりもできないから  気をつけてね」 「武器によっては ダッシュ中や  ロックオン状態によって性能が変わるから  色々試してみるといいよ!」 「あと 一部の武器は特殊な操作でも  性能が変わるの」 「そこら辺は  武器説明画面に説明が載ってるから  ちゃんと読んでおいてね」
「お待たせ!  いよいよアタックタイムだよ!」 「的を用意しといたから  好きな武器でぶっ壊しちゃって!」
「流石ー  なかなかのぶっ放しっぷりだね!」 「でも実際にぶっ放してみて  なんか使いにくい
 とか思わなかった?」 「武器を使うときには「隙」が出来るからね」 「隙が出てる時は  通常移動なんかできなくなっちゃうから  下手すると その間に攻撃を受けちゃったり 「悲惨な事になりかねないよねー」 「だがしかし!  その隙を回避する手段も  もちろんある訳ですよ!」 「それが「キャンセル」!」 「その名の通り  攻撃の隙をキャンセルする事が  できる操作だよ」 「主に 隙が出来てる時にダッシュする事で  キャンセルが成立  即座に移動することができるの!」 「武器によって  キャンセル出来るタイミングは違うから  実際に使って覚えてみて!」 「あと 一部の武器は  攻撃中に他の武器を使用する事で  キャンセルが成立するモノもあるよ」 「たとえば  バズーカビームライフルとか  その逆とかね」 「連続攻撃で大ダメージを与えることが  できるよ!」 「ただ  武器同士のキャンセルは  ヒート値が溜まっちゃうから」 「攻撃に夢中になりすぎて  こっちが大ダメージ!」 って事にならないように  注意してね!」 「てな感じで  とりあえずキャンセルを織り交ぜて  攻撃してみよう!」 「攻撃中にダッシュか  一部の武器使用中に他の武器を使用!  だからね」
「んじゃGO!

I know this is all a lot to take in at once, but please bear with me, regardless.

Now about weapons as I briefly touched upon earlier. You can equip 3 simultaneously.

They are your main, sub, and special weapons.

Each can also be assigned to a different button of your liking.

Your current setup is as such:

Main: Beam Rifle M (beam-class)

Sub: Bazooka (ammo-class)

And since you have a button for only special-class weapons, rifles and bazookas cannot be assigned to it.

Conversely, a sword cannot be assigned as either your main or sub-weapon.

Your ability to lock on enemies, move while shooting, and so on will also depend on which weapon you are using.

So make sure you choose your arsenal wisely.

You can always view the weapon details in the Weapon menu should the need arise.

Anyway, that about wraps things up. It’s now time for you to go on the offensive!

I have set up several targets for you to practice destroying with a weapon of your choosing.

-

Excellent! That was quite a show!

But did you notice any problems as you destroyed the targets?

That’s right. Firing a weapon can leave you open to attacks from the enemy.

In most cases, weapons don’t allow you to move while being fired, which means you become an easy target.

And nobody wants that, right?

Luckily, there’s a way to get around it!

It’s called the “cancel” function.

Just like its name, it allows you to cancel out of an attack.

It can be performed by using the dash when you find yourself unable to move after firing a weapon.

You should take into account, however, the time required to use the cancel function varies for each weapon.

And with a handful of weapons, it is also possible to use the cancel function by firing an alternate weapon.

Using a Bazooka and then a Beam Rifle or vice versa is a good example of this.

You can also chain attacks to deal out major damage to enemies.

Be aware that using the cancel function with weapons of the same class also raises the heat gauge.

And whenever you do, don’t get too overzealous blasting away at enemies or it might be you who ends up taking damage.

Are we clear on this training module?

Then let’s have you try out the cancel function between attacks.

Remember! You need to either use the dash or switch between weapons to do it.

Now have at it!

 

Sham

「どう?  さっきよりも全然使いやすいでしょ?」 「攻撃する時は  常にキャンセルをする事が戦闘の基本かもねー」 「じゃあ  ちゃっちゃと次にいくよー」 「次はロックオンについて説明しちゃうよ」 「攻撃する対象を決めるのがロックオン  通常は オートで自分に近い敵をロックして  くれる様になってるの」 「ただし 一度ロックされたら  その敵を倒すか ロックを切り替えないと  その敵にずっとロックされたままに  なるよー」 「ロックの切り替えは  任意の方向+ロックボタン(以下Lボタン)  でできます」 「方向ボタンを押した方向の最も近い敵に  ロックが移動するよ」 「あとは  方向キーを押さずにLボタン押す事で  自分に一番近い敵にロックを」 Lボタンを素早く二回押す事で  ロックを解除できるよ!」 「ロックの切り替えは  意外と難しいからねー」 「慣れないうちは 「倒したい敵に接近してからLボタン」で  無理やりロックを切り替えちゃうのも手かもね」 「はい! じゃあ実践だよ!」 「敵が数体出てくるから  ロックを上手く切り替えて倒してね!

So, what do you think? Works well, wouldn’t you say?

For good measure, you should probably consider the cancel function as one of the basics.

Now on to your next training module.

Here I will explain how to lock on an enemy.

The lock function dictates which enemy you will attack. Normally, that is the one closest to your position.

This means that you will be forced to destroy that particular enemy unless you switch targets.

Switching targets, however, can be accomplished by simply pressing the lock button and a directional key.

This will select the closest enemy to you in that particular direction.

Pressing the lock button again without a direction will once again select the enemy closest to you.

Also, pressing the lock button twice quickly deactivates the target lock.

Mastering this function can be surprisingly difficult.

Until you get the hang of it, you may want to lock an on enemy by simply approaching and pressing the lock button.

Alright, now how about giving it a try?

I will set up multiple targets for you this time, so use the lock function to switch between and destroy them all.

 

Sham

「これで大体のトレーニングは終了 「と言いたいトコだけど  最後にとって置きが残ってるよね!」 「大変お待たせいたしました!」 「さっき説明した  ハイパーの実践いってみよう!」 「ハイパーの操作方法は 「任意の武器ボタンを押しながら  ハイパーボタン」か」 「「ハイパーボタンを押した後  バリア展開中に武器ボタン」だよ」 「今の設定だと 「任意の武器ボタンを押しながら  ハイパーボタン(STANDARD)」  だね」 「武器によって色んなハイパーがあるから  状況によって使い分けてね」 「よーっし!大サービスで  ハイパーゲージ満タンにしてあげるよ!」 「って訳で 実践開始

That about wraps up our training…

Except there is one thing I have left to explain.

The hyper attack!

Now let’s recap what I said earlier about how to use it.

The standard method is to press the hyper button while firing a weapon.

The advanced method is, after pressing the hyper button to deploy a protective barrier, to fire a weapon.

Currently , your weapons are set to use the standard method.

Each weapon has its own hyper attack, so make sure to distinguish what weapon works with what situation.

Alright, as an added bonus, I have maxed out your hyper gauge!

Now blast away!

 

Sham

「どうどう? かなり爽快でしょ!」 「ハイパーは攻撃と同時に  バリアで無敵になれるから  戦況を一気に有利にすることだってできるよ!」 「あ 一つ説明忘れてた!」 「ハイパーは大抵の状況で  キャンセルができるの」 「ダッシュでキャンセルできないタイミングでも  ハイパーでならキャンセルできたりするよ!」 「という訳で  以上で訓練は終わりなんだけど 「最後に少しだけ  補足させてもらってもいい?」 「今回は訓練だったから  ソラはダメージをほとんど受けなかったと  思うけど」 「実践の戦場では そうはいかないよね  命だって簡単に消えちゃうところだから」 「そんな戦場で身を守ってくれるのが  「シールド」だよ」 「シールドは画面左上の横に長いゲージで  そこを見れば後どれくらいの攻撃に  耐えられるかが分かるの」 「で 実際にダメージを受けた時に  減ったゲージの分量の  一部が「赤色」で残るの」 「この「赤色」で表示されてる部分は  ダッシュの時に出る「リング」に  敵の攻撃をくぐらせる事で  回復する事ができるから」 「大きなダメージで  シールド耐久値が一気に減っちゃっても  あきらめないでね」 「では 今度こそ」 「以上で  トレーニングプログラムを終了します

How did using a hyper attack feel? Exhilarating, wasn’t it?

And since the barrier deployed during the time makes you invincible, you can quickly change the tide of battle.

Oh, and one more thing!

You can use the cancel function with most hyper attacks should the need arise.

Additionally, attacks that can’t be cancelled with the dash can be canceled with a hyper attack.

So that’s pretty much all I have to teach you.

But just to make you aware.

Though you did not take much damage in today’s training, that will not necessarily be the case on a real battlefield.

You could lose your life in a matter of seconds if your’re not careful.

Therefore, it is pertinent that you’re constantly aware of your shield gauge.

The shield gauge is the long horizontal one in the upper left corner of the screen.

Whenever you receive damage, the percentage of damage you have taken will appear red on the gauge.

However, by using the dash and flying through the rings that appear when you avoid an enemy attack, damage can be repaired.

So just in case you happen to take some major damage along the way, don’t be too eager to throw in the towel.

Now that I’ve said everything I need to say,

your training is complete.

 

Sora

「お疲れ様です」

I appreciate the insight.

Sham

「で 訓練とは別に  私から個人的なお願いね」 「これからソラは  実際に戦場に出る訳だけど」 「一番大切な事は  生きて帰ってくる事だから」 「それだけは絶対守ってね

Aside from your training, I do have a personal request.

Seeing as how you will be entering the battlefield shortly,

your number one priority is to come back alive.

Make sure you don’t forget it.

Sora

はい」

Understood…

Sham

「それじゃ  辛いお仕事だけど 頑張ろうね!

Now I know fighting in a war isn’t the most desirable job, but let’s make the best of it.